高級店・大衆店・激安店、選ぶならどれ?

デリヘルの高級店と激安店のメリットとデメリットや大衆店と言われるお店のことなどについて紹介します。

デリヘルって何するところ?サイトマップ

高級店と激安店は何が違うのか

デリヘルを選ぶ際に判断基準のひとつとなるのが「料金」です。料金が高くなるに従ってサービスの質、働いているデリヘル嬢の容姿的レベルが上がっていきます

平均的な価格のお店は大衆店、それより高くなれば高級店、安ければ激安店と分類されます。1度の利用で100,000円以上するような超高級店もあります。
高級店と呼ばれるお店にはハイスペックなキャストが揃っています。やはりお給料も高額となりますので、それぞれ容姿もテクニックにも磨きがかかりますし、それだけの教育もお店がしっかりと行っています。

逆に激安店ではしっかりとした教育はないこともほとんどです。風俗業界のことがよく分からない未経験者や第一線で稼ぐのが難しくなった高齢キャストなどが多いです。

高級店のメリット、デメリット

プレイ料金が高いということはそれだけのサービスとデリヘル嬢のレベルが高いということです。もとから可愛い子や綺麗な子だけでなく、現役AV嬢やレースクイーン、アイドルの卵などのネームバリューを持っている子も働いています。
もちろんプレイのテクニックや接客、礼儀に関しても教育がしっかりされているので一緒にいて心地良いと感じることでしょう。

デメリットとなるのはやはり値段です。平均価格と比べると2〜3倍ほど高めに設定されています。頻繁に何度も呼べないので「憧れの店、憧れの女の子」ですね。
芸能人の卵が働いているような超高級店ともなると、キャストやお客さんの個人情報を守るために会員制や紹介制となっているお店もあります。お金があるだけでは遊べないということもあります。

ただし少々高くても、会員制で気軽に遊びにくくても高級店にはそれだけの価値があるということです。

デリヘルの悩みや疑問があるなら

風俗Q&Aドットコム - 業界人に相談できるQ&Aサイト
デリヘルで遊びたい!でも…色々不安…な人の為に風俗に関する疑問や悩みをみんなで解決するサイトです。ユーザー同士で相談解決が出来るので初心者でも安心!風俗業界で働く人から答えが貰えることも。

激安店のメリット、デメリット

平均価格より2〜3割安いお店が激安とされています。60分のコース料金が10,000円前後のお店もあり、交通費や指名料、ホテル代などの総合でも20,000円以内で遊べることもあります。
「激安」という言葉はあまり使われず「サービス価格」というようにアピールしていると低価格店なのだなと判断出来ます。

とにかく低価格なので頻繁にデリヘル嬢と遊びたいというのであれば利用しやすいです。
ただし安いなりの理由もあるもので、サービスやデリヘル嬢の質に関してはやはり劣っていると感じることも多いでしょう。明らかにハズレと思われるキャストに当たることもありますし、高齢キャストの数も多い場合もあります。
ごく稀にかなりの当たり嬢がいますが、そういう子はもっといい環境を求めてすぐに他の店に行ってしまいます。

激安店でフリー指名をすると、見るからに不人気嬢を寄越されることもあり、結果としてムダ金を使ってしまったということも。
安いなりの理由があることを理解してよく吟味してお店やデリヘル嬢を選ぶようにしましょう。

大衆店もピンキリ

大衆店と呼ばれるお店が最も多くほとんどがここに含まれています。要は平均価格のお店ということです。
地域によって多少の誤差はありますが、大体トータルで30,000円前後で遊べると思います。
デリヘル嬢の質も概ね平均的ではありますし、店舗数自体が多いので選択肢もいろいろとあり希望に沿って選ぶことが出来るでしょう。

大衆店の中でも高級店に近いお店、激安店に近いお店とがあり、この値段でこんなにレベルの高いサービスを!と大当たりがある反面、こんなレベルなのか…とハズレだと感じることもあります。
同じお店の中でも人気のあるキャストは指名料が高く設定されているということもあるので、しっかりと事前確認が必要です。

ライバル店が多いので集客のためにイベント期間や周年祭などでお得なキャンペーンや割引が多いのも特徴です。
きちんと下調べをしておけば、抑えた予算内で高級店レベルのデリヘル嬢から質の高いサービスを受けることも出来る可能性があります。