シャワーを浴びずにデリヘルプレイはできる?

デリヘルでは、嬢と一緒に、もしくは嬢の前でシャワーを浴びることは基本的で最低限のマナーです。

デリヘルって何するところ?サイトマップ

シャワーを一緒に浴びるがルール

「おれ、もうシャワーは浴びてるから大丈夫!」または、「シャワーの時間がもったいないから早くヤロウ!」

このようなやり取りはデリヘル嬢とお客さんとの間でしばし交わされますが、結論からいうと絶対NGな行為です。

デリヘルでのプレイは基本的に女性と一緒にシャワー、または女性のいる前でシャワーを浴びることが前提条件でありお店のルール業界の常識として認識されています。

女の子が来る前にシャワーを浴びたのに…、昨日シャワーを浴びたのに…と思っていても、まずは女の子と一緒にシャワータイムすらも楽しむにシフトチェンジして再度シャワーを浴びましょう。

即尺コンセプトまたはオプションを付けて、なおかつ汚プレイを楽しむ場合などは、そもそもシャワーを一緒に浴びる前、ドアを開けた瞬間にパクリとされるわけですが、その場合に関しても事前シャワーが望まれます。

女の子の機嫌を損ねるNONシャワー行為

デリヘル嬢の女の子が激しく嫌がる、機嫌を損なう理由の一つとして挙げられるのが、前述のシャワーを浴びない行為です。

なぜ女の子がそこまで神経質になるのかと言うと、お店のルールということもありますが、以下の理由が考えられます。

@性病罹患に関わる。

A女の子は清潔感を重要視する。

Bシャワータイムがそもそもプレイ時間に組み込まれている。

大きな理由付けはこれらの3つのポイントです。

いくら口頭でシャワーを浴びた、入浴を済ませたといっても、いくらでも口先で繕うことはできます。「もうシャワーを浴びた」が意味するタイムラインも分かりにくく、30分前に済ませたのか、それとも昨日にシャワーを浴びたのかはデリヘル嬢側には伝わりません。

デリヘルは回転率が高い風俗業種なので、プレイ前に殺菌作用のある石鹸、ボディーソープで身体を洗うか否かは命取りになります。大げさに感じますが、ペニス、アナル周りの粘膜部位、口腔内のイソジンによるうがいは、複数の性病罹患を予防する為に欠かせない準備体操と言えるんですね。

時間がもったいない!本当に女性が来る前にシャワーを済ませたとしても、大人のエチケットとしてシャワーを一緒に浴びて、清潔感第一のプレイを楽しんでいきましょう。

デリヘルの悩みや疑問があるなら

風俗Q&Aドットコム - 業界人に相談できるQ&Aサイト
デリヘルで遊びたい!でも…色々不安…な人の為に風俗に関する疑問や悩みをみんなで解決するサイトです。ユーザー同士で相談解決が出来るので初心者でも安心!風俗業界で働く人から答えが貰えることも。

女の子は強く言えない生き物

デリヘルで働く女の子も十人十色、しかしながら「シャワーを入らない」と駄々をこねるお客さんに対し、「汚いからシャワー浴びて」だとか「不潔だし性病になるからプレイしたくない」とはなかなか言い出せません。

当然ですよね。心でシャワーを浴びてほしいと強く思っていても、お客と風俗嬢という立場上、強い言葉でシャワーを強制することはできません。

面倒なことを起こしたくない、理不尽なことで責められたくない……、からと中にはシャワーを浴びないと言い張る男性に根負けして、清潔感のないプレイを許してしまう女性も少なくありません。

しかしこの場合、女の子の気分は盛り下がり、性病に感染するかもしれない恐怖を植え付けてしまう為、次回以降の指名がNGになってしまうことも予想されます。

プレイの質を向上し、女の子と仲良くしたいと願う男性は、泡洗、イチャイチャプレイを楽しむ前戯と捉えて、シャワープレイを楽しむといいでしょう。

どうしてもシャワータイムが不毛と感じる場合は、デリヘル店ではなくハードなプレイ内容の即即コンセプト店、またはピンサロなどを利用することを推奨します。

あくまでシャワーは、女の子の身を守る為の一つの手段でありプレイ前のマナー。自分上位のワガママを通すのではなく、女の子の気持ち立場に寄り添ったプレイを心がけていきましょう。